五味クリニック予約して診察を受けた。カウンセリング内容と流れ紹介

五味クリニック(新宿)に電話で予約して実際に診断を受けてきました
自分のワキガと脇汗の症状レベルが本当にどれくらいのものなのか、気になっていたので、五味クリニックに予約をしてカウンセリングをしてもらってきました。

※ 今回は、自分の症状がどのくらいかを聞きたかったので、五味クリニックでの治療・手術レビューではありません。

予約が必須

まず、五味クリニックでカウンセリングを受けるには、予約が必要です。

当日に行こうと思って電話をしたら、「予約でいっぱいなので当日カウンセリングは出来ません。」と断られました。

ということで、その電話の時に違う日にカウンセリングを予約しました。

カウンセリング当日の流れ

五味クリニック(新宿)に予約してカウンセリングを受けてきました
カウンセリング当日、持ち物等は特になし。

初診料の3,240円だけ持って向かいました。

実際のカウンセリング時間は約20~30分程度でした。

事前準備、注意点

カウンセリング前日、当日の朝は、制汗剤やデオドラントでわきの下の手入れをしないようにしましょう。

(制汗剤によっては5日間続くものなどもあるので、それも考慮して予約をしましょう。)

ありのままの脇の状態を診てもらわないと、先生も診察が正確に出来ないと思います。

診療申込書

五味クリニック(新宿)に予約してカウンセリングを受けてきました
五味クリニックに入室すると、まず、「診療申込書」を書きます。

待合室の患者さん層

ワキメンの前の人と後の人を含めて、3名いました。

男性が2人、女性が1人、全員20代あたりでしょう。

3人しかみていないからはっきりとは言えませんが、やはり若い層が多いことが伺えます。

いくつか質問

診察室に入り、椅子に腰掛けるとすぐに五味先生から質問をいくつかされました。

これは初診の人には必ず聞いていることだと思います。

問①:気にしているのは、ニオイか汗か?

問②:どちらかというと?(両方と答えたので)

問③:ニオイは自分でわかるか?

問④:人に言われた事は?

問⑤:身内からは?

問⑥:耳垢は?

耳垢を確認

五味先生からの質問が終わった後は、綿棒で耳垢の確認を五味先生が行います。

ガーゼで確認

次に、ガーゼを使って、脇をぬぐい、ニオイの確認を行います。

洋服は脱がず、上着の裾を脇までまくり上げて脇をぬぐいます。

カウンセリング結果

五味先生のカウンセリングで、ワキメンの脇の状態が以下であることがわかりました。

ワキガ:中程度

脇汗:精神性発汗が強い(こちらは中の上程度)精神性発汗型多汗症

と診断されました。

ポイント

①汗のかき方(精神性発汗)でワキガが強くなっている
ワキメンの場合は、ワキガに精神性発汗が加わる事で、ニオイの元と発散の増加を促してしまっているとのことでした。

②精神性発汗が脇に集中していること。
緊張するとかく汗は、手のひらにかくことが多いそうですが、ワキメンのようにニオイも気にしている人は、脇に汗をかくこともあるそうです。

③性格により、多汗が悪化している。
「真面目な人、努力家、負けず嫌い、責任感強い、完璧主義」こういった人は、自分のネックである汗をなんとかしてやろうとするけど、なんとかならず焦って余計に汗をかいてしまうのです。

当たってます 涙

こうゆう性格の人は、努力すればするほど止まらない、ほっとかなきゃいけないけど、ほっておけないという「負のスパイラル」に陥っている事に気づかされました。

これを繰り返しているうちに、本人に意識無しに、潜在意識で汗とニオイの不安を持ってしまっており、常に脳が緊張状態になってしまっているのだそうです。

④どれだけ自分が気にして悩んでいるか
③と似てる部分がありますが、ワキメンの場合、ニオイと汗を気にしすぎて、脇に自分がフォーカスしすぎてしまっているということです。

先生は、「悩みの治療」が必要だねとおっしゃていました。

気にしすぎないこと、こだわりすぎないこと、開き直りも必要であることがわかりました。

勧められた治療

ワキメンの場合は、カウンセリング結果を元に以下の治療法をお勧めされました。

ボトックス注射

ボトックス注射とは、ボツリヌス菌という毒素から精製された製剤を脇に注射し、発汗を促す伝達物質を抑えます。
簡単に言うと、注入する菌が発汗成分を抑えてくれます。

ここで、ボトックス注射の詳細ははぶきますが、施術時間は1分程度、効果期間は半年程度、6割~8割汗を抑えられるとのことでした。

ボトックス注射についての詳細はコチラの記事にあります。

五味クリニックでのボトックス注射料金

アラガン社製ボトックス:78,840円税込
アラガン社以外の製品:54,000円税込

ボトックス注射を勧められた理由

①精神性発汗が強いということ。

②精神性発汗を止めることでニオイもかなり抑える事ができる。

③「ボトックス注射をすれば、いつでも汗を止められる」という、安心と自信が精神面を安定させ、通常以上の期間、効果が持続している。

ボトックス注射についてもらった資料

五味クリニック(新宿)に予約してカウンセリングを受けてきました

五味クリニック(新宿)に予約してカウンセリングを受けてきました

直視下剥離法(五味法)

それでもやはり気になり、完全に治したいなら、手術もアリだということでした。

ワキの下のシワに沿ってに1,5~2cmほど切開し、表皮の内側のワキガの原因であるアポクリン汗腺を先生が直接目で見ながら切除していく方法です。

五味先生が自ら考案した「五味式超強湾クーパー」というハサミを使う五味先生独自の手術法。

日を空けて片方ずつ、もしくは同日に両脇手術を行います。

術後は1,2週間安静にしなくてはいけません。

2週間後に抜糸をします。

運動は約1ヶ月間避けるようおっしゃっていました。

その間に通院が4,5回、塗り薬を処方されます。

五味クリニックでのボトックス注射料金

両わき315,000円税込

直視下剥離法についてもらった資料

五味クリニック(新宿)に予約してカウンセリングを受けてきました

五味クリニック(新宿)に予約してカウンセリングを受けてきました

先生の印象

先生の印象は、本を読む限り穏やかそうなイメージでしたが、とても早口な方でした笑

ちょっと怒られているのかと思うくらいでしたが、後から調べると五味先生本人もそれは公認で、性格だから直せないとおっしゃっていました笑

ですが、ちゃんと質問をして聞き出してくれますし、質問した事は親身に答えてくれます。

早口なので、こちらから話しだすタイミングが少々難しいかもしれないですが、質問内容はしっかり把握していき、気になる質問はちゃんとするべきです。

インターネット上の相談掲示板でも先生は「こんな性格ですが、遠慮しないでください。」おっしゃっています。笑

また、手術やボトックス注射に関しても、無理に勧めてきません。

症状にもよるかもしれませんが、むしろ、ゆっくり考えてくらいのスタンスでした。

カウンセリング後の支払いで

カウンセリングが終わり、待合室で少し待った後、受付では、カウンセリングの支払いを済ませました。

また、そのタイミングでボトックス注射や手術の内容、料金等の話をされました。

ワキメンの場合は、自分の脇の症状を知る事が目的であり、愛用している制汗剤で事足りていたのもあり、次回の予約はせず病院を出ました。

総評

五味クリニック(新宿)に予約してカウンセリングを受けてきました
出版している本の通り!

ほとんど本で書いてある通りのことを言われましたし、最悪本で事足りてしまうかもしれません。

なんというか、CDとライブの歌唱力が同じアーティストというニュアンスを伝えたい笑

それでもやっぱり、先生を目の前にしてカウンセリングを受けるという行為自体気持ちをとても楽にしてくれました。

診断結果も、自分で行ったセルフチェックとブレがほとんどなくて、予想通りでしたし、とってもすっきりしました。

五味クリニック詳細

五味クリニック(新宿)
〒169-0073 新宿区百人町1-10-12
TEL 03-3368-5126
電話受付10:00~17:30 (休診日 日曜・祝日)

五味クリニック公式サイト
五味クリニック費用一覧

ABOUT
ABOUT

このブログはワキメンとワキメンの母で運営しています。ワキメンは30代独身の元サラリーマン、中程度のワキガと重度の脇汗多汗症で今も悩んで葛藤している男性です。ワキガが原因で仕事を退職、電車にも乗れず。しかし、今愛用している制汗剤で世界が変わりました。このブログを通して皆さんにも相性の良い制汗剤デオドラントを是非知ってほしいです。
ワキメンと母の詳しいプロフはコチラから

よろしければシェアお願いします