日本人は海外に比べ汗の匂いや体臭に敏感!? | ワキガ・脇汗対策ブログ

cc43c9094f3e86a73b4a192ca4ff9ac3_s
日本人は他の国と比べると臭いに敏感といわれています。
実際私も敏感です笑 臭いのはやっぱり嫌いです。

twitter上でも絶え間ない厳しい意見・・・

検索してみたら、出るわ出るわ、わんさかでてきました笑

ワキガの人の気持ちもわかりますが、クサい!っていうのは、生理的なものなのでなかなか受け付けがたい気持ちもわかります。

日本人は、においの少ない人種

元々、日本人は、においの少ない人種でした。

なので、においに対しての耐性もないのです。

「身ぎれいにして、臭わないこと」が美徳とされていた人種。 昔から日本では銭湯や床屋が繁盛していたことからも納得できますね。

欧米では、約8割程度の人がワキガを持っている

日本では約1割。10人に1人ということですね。

ほぼ逆の割合ですね。

日本でのワキガは少数派のようです。

日本の文化的にも少数派ははぶかれてしまう傾向にあるから余計に嫌われてしまうのかもしれません。

欧米では気にするほうがおかしいと思うくらいだそうです。

外国に住めば心も楽に住めるかもしれませんね笑

日本の世の中から「生活臭」が失われてきたことも原因?

607a0ed4141574338b1614ceaf3a6d12_s
現代の日本は、水洗トイレの普及により、トイレからでる悪臭が消えました。

また、臭いを消すために置いていた防臭剤の強い刺激臭も、家庭からなくなりました。

それゆえに昨今の若者は、生活臭が街に満ちていた時代を知らない。となれば、生活臭や体臭を嫌悪するのも当たり前といえば当たり前かもしれませんね。

臭いが強いものとは遠い存在の日本人

考えてみると、 日本の文化は昔から清潔感があったり、食生活も野菜や魚中心で刺激的なものが少なかったりと、においが強いものとは遠い存在だったのでしょう。

最近では、食生活が肉中心になってきて体質が変わり、ワキガ人口が増えているそうですが、それに並行して 少しずつ、欧米のようにワキガや臭いに対しての免疫もついていってほしいものですね。

ABOUT
ABOUT

このブログはワキメンとワキメンの母で運営しています。ワキメンは30代独身の元サラリーマン、中程度のワキガと重度の脇汗多汗症で今も悩んで葛藤している男性です。ワキガが原因で仕事を退職、電車にも乗れず。しかし、今愛用している制汗剤で世界が変わりました。このブログを通して皆さんにも相性の良い制汗剤デオドラントを是非知ってほしいです。
ワキメンと母の詳しいプロフはコチラから

よろしければシェアお願いします