ワキガの人はどのくらいの割合で手術を受けているのか?

ワキガの人はどのくらいの割合で手術を受けているのか?
ワキガで悩んでいる方は、ワキガの手術も検討をされているのではないでしょうか。

ワキメン
こんにちは、ワキメンです。
ワキメンも今愛用している海外の制汗剤と出会う前は、真剣に手術を考えていたよ。

しかし、ワキガの手術について調べてみると、

「ワキガが再発してしまった…」という声を聞くことがややあり、簡単に実行に移せることではありません。

一体、どのくらいの割合でワキガの手術をしている人達がいるのでしょうか。

ワキガの手術を受けている人の割合

Q:ワキガの人の改善のための習慣はなんですか?
ワキガの手術を受けている人は、わずか5%

意外にもワキガの手術を受けている人は「5%」と、ほとんどいないという結果に。

ワキメン
これはワキメンも予想外だったよ。もっとたくさんいるのかと思ってた!

日本の人口は約1億人ですが、ワキガの人はそのうちの1割。

ということは、日本には約1千万人のワキガの人がいることになります。

さらにそのうちの5%ということは、約50万人の人がワキガの手術を行ったことになります。

ワキメン
こう聞くと手術をしている人は多くも感じるな…けど、20人中1人が手術をしていると考えると妥当な気もするな。

ワキガ手術を受けない理由

ワキガの人はどのくらいの割合で手術を受けているのか?
ワキガ手術を受けない理由は3つあります。

①手術代が高い

第一に「手術代が高い」です。

病院によってまちまちではありますが、10万~50万円とすぐには決断できない価格です。

今ではワキガの手術もたくさんの方法がありますし、保険が適用される手術、注射で簡単な治療レベルの方法もあり、選ぶだけでもとても大変だったりします。

ワキメン
高い手術だからといって必ずワキガが治るということでもないからワキガの手術はこわいなぁ…
わきが多汗症の手術治療は、日々進化していて、以前に比べると非常にたくさんの治療方法が出来てきましたね。 ボトックス注射やレーザー治...

②術後にワキガの再発

これが一番のネックな理由ではないでしょうか。

何十万円と払い痛い思いをした手術でも、ワキガが再発なんてありえないですよね。

それでもインターネット上では、「再発した」というコメントは少なくなく、手術へ踏み切れない大きな原因といってもよいでしょう。

ワキガ手術の成功か否かは、手術医にとても大きく左右されます。

手術を本当に検討されている方は、手術法や金額も気になるところではありますが、優秀な手術医であることもとても重要なので事前に確認をするかしっかりと調べておく必要があります。

ワキメン
ちなみにワキメンの母は、レーザー治療をして失敗しています。
ワキガの治療で今注目されているのが切らないレーザー治療。 「傷が出来ない」、「短時間で終わる」ということから、女性や仕事が忙しい人...

③傷跡が大きく目立つ

最後は「傷跡が大きい、目立つ」ということ。

傷跡のつく手術は限られており、「剪除法(せんじょほう)」という脇にちいさな切り口をあけて汗腺を取り除く方法です。

傷口の大きさは、2~5cm程とされています。

今では傷跡の残らない手術も多くありますが、その分再発してしまうデメリットも高いことを忘れないでおきましょう。

ワキメン
最新の治療はレーザーで傷跡が残らないといわれているけど、ヤケドだったり皮膚が死んでしまったりと他の問題も多く取り上げられているよ。

女性は脇毛を処理したり脇が見えるノースリーブなどの洋服も多く、傷跡が目立つということもあり、気にする人も女性が多いのでしょう。

芸能人でもマ○ーさんなどが脇の手術跡があると、ネットで一時騒がれていましたね。

ワキガの手術は賛否両論

ワキガの人はどのくらいの割合で手術を受けているのか?
ワキガ手術を受けて良かったという人、後悔したという人共にいるのでなんともいえませんが、個人的にワキガの手術は少しリスキーかなと感じています。

現にワキメンの母も30万円という多額の金額を払ってレーザー治療をするも失敗しており、身内からそのような話を聞かされては手術に対してよいイメージを持つこともできません。

デオドラントや制汗剤で毎日ケアをすればたいていの人は通常の生活を送ることが出来ますが、「毎日のケアがめんどくさい!」という人もいらっしゃるでしょうし、販売しているデオドラントでは効果がないくらい強いレベルのワキガの人もいらっしゃいます。

そういった方は手術をしたほうがメリットが多くあるでしょうし、せざるを得ない人だっているんです。

このようにワキガでも様々な人がおり、十人十色。

みんなが手術を否定しているからといって、あなたにもそれがあてはまるかといったらそうではありません。

つまりなにがいいたいのかというと、自分の性格とワキガの症状をしっかり把握してほしいのです。

自分のワキガレベルを知ることで、どんな対策がありどの対策をすればよいのかが明確になります。

ワキメン
手術は最終手段として考えておいてもいいかもしれないよ!
ワキガはデリケートな問題なため友人や家族にも相談がしづらいものです。 また、いくらニオイが強烈でも自分のニオイは鼻がなれて...

手術以外の対策

データからもワキガのほとんどの人が、手術以外の方法で対策をしていることがわかります。

私も今愛用している海外の制汗剤と出会うまでは、本当にワキガの手術をしようか迷っていました。

グラフでも3位に「デオドラント」とありますが、今ではワキメンもこのデオドラントでの対策を特にオススメしています。

ワキメン
グラフでは3位だけど、個人的には圧倒的な1位のワキガ対策!

ワキガと脇汗にとても有効な海外の制汗剤をみつけ、これで完全なワキガ対策をしています。

オススメの海外制汗剤

ワキガの人はどのくらいの割合で手術を受けているのか?
ワキガ人口が8割もいるヨーロッパ生まれの制汗剤です。

制汗剤ですが、ワキガのニオイもしっかりと抑えてくれます。

1度塗れば3日間程(最大は1週間!)は持続してくれるんです。

嘘のようですが嘘ではありません。

ワキメン
ワキメン愛用している海外の制汗剤は下のランキングの1位の制汗剤だよ!だまされたと思って、ぜひ1回は試してほしいな!
【腋臭対策ランキング2018年版】わきが歴18年の私が選んだワキガに効くクリームランキングです。50種類以上の市販や通販の人気ワキガクリームやデオドラント、薬を実際に使って口コミレビューし、効果が得られたおすすめの商品順に紹介しています。

最後に

いかがでしたでしょうか。

ワキガの手術をしている人は、ワキガな20人中1人が手術をしているという割合であることがわかりました。

上でも少し触れましたが、個人的にワキガの手術はオススメしていません、最終手段として考えておけばよいのかなと感じています。

紹介もしていますが、今では優秀なワキガ対策が色々と出ています。

ワキガ人口の多い海外からも様々な制汗剤やデオドラントが入ってきています。

海外にはワキガの手術なんてありません、ワキガで病院へ行くことすら不思議に思われてしまいます。

ワキガが執拗に嫌われているのは日本だけなのかもしれませんが、私たちが生活しているのは日本。

日本にいる限り、自分のワキガとうまくやっていくしかありません。

ワキメンは海外の知恵(制汗剤)で、ワキガで悩む生活は開放されました。

皆さんもワキガの悩みから解放されることを心から願っています。

ワキガの手術治療関連の記事

わきが多汗症の手術治療は、日々進化していて、以前に比べると非常にたくさんの治療方法が出来てきましたね。 ボトックス注射やレーザー治...
自分のワキガと脇汗の症状レベルが本当にどれくらいのものなのか、気になっていたので、五味クリニックに予約をしてカウンセリングをしてもらって...
ワキガの治療で今注目されているのが切らないレーザー治療。 「傷が出来ない」、「短時間で終わる」ということから、女性や仕事が忙しい人...
脇汗を止める施術は、現在、とても進化していてレーザー治療などもありますが、今回は、手軽に施術できるボトックス注射について書いていきます。...
ABOUT
ABOUT

このブログはワキメンとワキメンの母で運営しています。ワキメンは30代独身の元サラリーマン、中程度のワキガと重度の脇汗多汗症で今も悩んで葛藤している男性です。ワキガが原因で仕事を退職、電車にも乗れず。しかし、今愛用している制汗剤で世界が変わりました。このブログを通して皆さんにも相性の良い制汗剤デオドラントを是非知ってほしいです。
ワキメンと母の詳しいプロフはコチラから

よろしければシェアお願いします